犬の消化システムについて

犬の消化システムは少し人間と違っています。

わたし達の消化は、食べ物を歯によって噛み砕き、唾液と混合することによって

すでに口の中から始まります。

食べものをよく噛まないで飲み込むと、その分消化ができず、胃に負担をかけ、それが全身に影響することになります。

人間にとって、”よく噛むこと” は健康の秘訣です。

 

でも、犬は違います。

犬の歯は肉を引き裂いたり、小さな塊に切るのに適した裂肉歯という構造で、

臼歯ですりつぶすことはできません。

草と違って肉には硬い繊維がないので、噛まないでも消化されるからなのです。

つまり、犬の消化は口からではなく、胃から始まります。

犬の消化についてまとめてみました。

 

口・・・人間と違って、犬は唾液中に消化酵素を分泌する機能が存在しません。

口では食べ物を切り裂き、飲み込むだけです。

 

胃・・・消化のスタート。

犬の胃酸(Ph1)は強力で、ほとんどの細菌を殺してしまいます。

 

カットされ、塊で入ってきた肉はゆっくり時間をかけて消化されるので内臓に負担がかかりません。

一方、ドライフードはふやけてすぐ液状になるため、胃から腸になだれ込み内臓に一気に負担を掛けてしまいます。

このため食物繊維を添加しないと腎臓を早く疲弊させるだけでなく糖尿病のリスクも増大させるので、食物繊維は必須となっています。

 

犬は炭水化物の消化能力が低く、デンプンを分解するのに必要なアミラーゼという酵素の活性が低いです。

穀物中心の食事を続けると、膵臓に負担がかかったり

未消化の炭水化物が大腸でガスを発生させることがあります。

 

また、野菜のセルロース(細胞壁)は分解して消化することができません。

野菜をそのまま与えても栄養は吸収しづらいので、野菜はペーストにするか、小さく切ってしっかり火を通すのがおすすめです。

 

 

腸・・・消化、分解、吸収、代謝を担当。

草食動物は穀物や食物繊維の多い野菜をゆっくり消化するため 腸は長めです。

犬は消化率の良い肉類を食べるため、腸は短くなっています。

長く留まると腐敗しやすい肉を短い腸管で大量の消化酵素を利用して栄養分を吸収します。

肉類が持つ尿酸や尿素といった毒素、また有害菌は問題を起こす前に排出します。

食物繊維が多いと腸内での滞留が長くなり、便は細菌によって腐敗し、臭くなる傾向にあります。

 

 

こうしてみると、犬の消化システムは、肉類を消化するために適した構造になっていることがよくわかります。

犬の身体に負担のかからないごはんは、穀物(植物)ベースではなく、肉類ベースのものなのです。

ペットフードの場合は、原材料の含有量をチェックしてみましょう。

通常、重量の多い順に原材料は並べてあります。

最初から3つ目までの原材料成分表に表示されているのは何でしょうか?

ペットフードを選ぶ際は 原材料とそのパーセンテージにも注目することが大切です。

 

 

犬は捕食者です。

動物には植物を食べる草食者と、動物を食べる肉食者があります。

犬は基本は、哺乳類を捕えて食べて生きる捕食者、ハンターなんです。

(そうは到底思えない犬種もいますけどね)

そして、獲物を捕らえるための素晴らしい能力を持っています

 

まずは嗅覚。
人間より1000倍から100万倍優れています。
犬は臭いをかぐ能力だけでなく、
たくさんの種類の臭いを正確に記憶する能力も持っています。
犬の鼻はいつも湿っています。
これは、空気中の匂い物質を溶かして吸着しやすくするためと、
体温調整に役立っています。

分泌量は、中型犬で1日約500ml!
鼻の表面にある複雑な線のパターンは「鼻紋」と呼ばれ、
人間の指紋のように犬によって違うのです。

IMAI02_32

次に聴覚。
人間のおよそ4倍。
つまり4倍離れたところからでも犬には聞こえるということ。

犬の可聴域は40~65.000ヘルツ(人間は20~20.000ヘルツ)と言われています。
下限は人間とそれほど違いませんが、上限が大きく違います。
これは、小動物が発する高い鳴き声を聞き取り、
獲物の居場所を素早く発見するために発達したと考えられています。

犬笛は、人間には聞き取れない
超音波(約30.000ヘルツ)を発して犬を呼び戻すのです。
掃除機やドライヤー、電動工具などの出す高い音に対しては、
人間よりも強く不快感を感じてしまうことも。

うちの犬は掃除機をかける時、掃除機のノズルに向かって果敢な戦いを挑んできます(笑)

 

 

そして歯。
犬の歯は肉を引き裂くのに適した裂肉歯という構造を持っています。
歯は、骨を噛み砕き、食べ物を小さな塊に切るだけです。
臼歯ですりつぶすことはできません。
草と違って肉には硬い繊維がないので、噛まないでも消化されるからなのです。

うちも早食い競争があれば優勝するかも、というぐらいの速さで食べますが、
犬に向かって“よく噛みなさい”というのは無理な注文なんですね。

 

 

ゆとりすとパークおおとよ

高知で犬と一緒に泊まれる宿をご紹介します。

今回はゆとりすとパークです。

ゆとりすとパークは大豊ICから14キロ、山道’(舗装された2車線です)を車で登って、約20分で到着します。

yutorisuto003

標高750m、視界360度に広がる空、緑、山々

とにかく眺めが最高です!

園内は、季節の花や遊具、芝生広場、レストラン、キャンプ場、コテージなどがあり

日帰りでも、泊りがけでも、どちらでも楽しめます。

ワンコと一緒に入園でき、キャンプサイト、ログハウス、コテージは一緒に泊まれます。

園内をワンコとゆっくり散歩するのもいいですよ。

山の上なので、少し気温は低くなります。

季節によっては、余分な上着を持っていくと良いかもしれません。

 

yutorisuto001

7_4_4940

テントを張るのが苦手な方や、天気が心配な時は、ログハウスがおすすめ。

木でできたログハウスはシンプルですが、落ち着きます。

また、キャンプサイトもログハウスも 外にキッチンがあり、BBQもできます。

 

yutorisuto002

 

コテージは 1LDK&和室のロフトで、設備も充実しています。

ワンコと一緒に泊まれるコテージは一つだけなので、予定が決まったら早めの予約をした方がいいですね。

 

山の上から眺める夕日の素晴らしさ

夜は満天の星空

泊まった人だけが体験できる特権です。

秋~冬の早朝は、気候条件が揃えば、眼下に雲海が現れます。

見渡す限りの 雲の海

その上を歩けるんじゃないかと思うぐらいの不思議な景色です。

 

大自然に囲まれて ワンコとゆっくり過ごせるおすすめのお宿です。

 

犬が元気でいられる食事、犬にとって良い食事とは?

dogs5

その答えは一つではありません。

たくさんの種類のドッグフードがある一方、手作り食をすすめる本も多数出版されているこの頃。

自分の愛犬にとって何がふさわしいのか迷われている方もきっと多いのではないでしょうか。

人間の食が多様であるように、長年人間と暮らしてきた犬の食事も犬種、年齢、体質、環境などによってさまざまです。

犬は自ら食を選択することができません。すべて飼い主の選択にゆだねられています。

愛犬の食事を考えるきっかけに、まずは人間とは違う犬の身体のこと、犬の特性、習性を知ることから始めてみませんか。

 

高知の自然はたくさんの生き物を育んでいます。

mitsubachi

小さな命は汚れのない自然の証です。

この子たちも絆で繋がっています。

C&K

種が違っていても小さい時から一緒に育つと本当の姉妹になります。

秋になると南の国へ旅立ちます

tsubamejpg

高知にも秋が近づいてきました。

両親に大切に育てられたヒナたちも秋風と共に数千キロの旅にでます。

また、来年も会えるといいね。

雄大な自然に包まれて人も動物も豊かに暮らしています。

tobi

これからも豊かな自然と動物たちの暮らしが守られることを dog’slifeは願っています。

Analytic Code